読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日一番おいしかったもの

クックパッドを使った料理、映画やゲームの感想などをアップします。

今年子どもと寝る前に読んだ本

まとめ

子育て 読み聞かせ Advent Calendar 2013 - Adventar」の18日目のエントリーです。

年の瀬の現実逃避&アドベントカレンダーの空いている日を埋めたいという気持ちで、12/18のエントリーを12/30に書いています。


前日のエントリーも自分です。
今年小学生低学年に読み聞かせした本 - 今日一番おいしかったもの
今回は、我が子用に借りてきた本について紹介します。

我が家では、何時までにお布団に入れたら絵本を一冊読んであげるという約束をしています。約束時間よりも早い場合は二冊読みます。

一番リピート率が高いのはこの本です。

Amazonアソシエイトに参加しているので、アフィリエイトが気になる人は気をつけてください。

おやすみ

犬の兄弟がいっぱい遊んで寝るまでの様子が描かれた本です。
赤ちゃん用の絵本ですが、短い時間で読み終わるので絶対読んで欲しい時に引っ張り出してきます。
もう必要ないと思って園に寄付したのですが、無くなったことにショックを受けていたので買い直しました。

おやすみ

おやすみ


また、今年はちょっと長めの本を読んでみようと思い、まじょねこピピシリーズを読みました。

まじょねこピピシリーズ(全5冊)

魔女のご主人様に仕える立派なまじょねこになるために旅をする子猫のピピの話です。
泣き虫のピピは、お空のお母さんに泣き言を言いつつ、友達を助けたり別れたり、いじわる猫に追いかけられたりします。
読むと15分~20分かかるので、2日に分けて読んだり、続きが気になってしまう場合は就寝時間を延長したりしました。


最初はシリーズ物と理解しておらず、友達とお別れする4冊目を読んでしまいました。

4冊目からでも十分面白かったですが、1冊目から読んだ方がこのお別れシーンは良かっただろうなと思いました。
全ページに挿絵があるので、低学年の子でも一人で読めると思います。


本当は教育テレビでやっていたルドルフとイッパイアッテナを読んであげようと思ったのですが、絵が少ない&字が細かく思ったより長かったので、同じ猫の冒険のお話を選びました。

ルドルフとイッパイアッテナは、小学生の時に夢中になって読んだ思い出があるので、子どももいつか自主的に手に取って読んで欲しいなと思います。

ルドルフとイッパイアッテナ

ルドルフとイッパイアッテナ