読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日一番おいしかったもの

クックパッドを使った料理、映画やゲームの感想などをアップします。

腹餅さまんさが腹餅を1週間で脱した6つの理由

毎年正月太りをして、薄着になる頃にまずいと気づいてダイエットする私です。

去年Twitterでつぶやいたものと今年気づいたことをまとめます。
毎年懲りない来年以降の自分のために。

※腹餅とは
お腹が餅のようになっている状態を指します。鏡餅状態がレベルマックスです。


1. 食べているカロリー量を計算する
2. 夜9時以降は食事禁止
3. 股関節のストレッチ
4. お風呂で腹式呼吸
5. 自分を罵る
6. 毎日快便

順番に解説します。

1.食べているカロリー量を計算する

いわゆるレコーディングダイエットです。
私が使っているのはカロリー管理というアプリです。

カロリー管理(痩せるアプリ)

カロリー管理(痩せるアプリ)

  • Soohyun Park
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥300

無料じゃないですが、外食のカロリーもしょっちゅうアップデートしてくれたり、自作レシピのカロリーも計算して登録できるのが魅力的です。
このアプリに目標体重と期間を入力すると毎日取るべきカロリー量が提示されるので、それの120%ぐらいを目指す(1日摂取量1700kcal前後)のがちょうど良かったです。
食べる前にカロリーを登録することが大事です。
ちょっと多いなと思ったら夕飯のご飯を少し減らしたり、少ない量を大事にカミカミして満足感が出るからです。

ちなみに私が愛するお菓子ビッテは91kcalあります(味によって多少前後)。
値段も高いですが、カロリーも恐ろしいお菓子です。

2.夜9時以降は食事禁止

お茶など無糖なものはOKですが、砂糖入り飲み物はだめです。
夫がコンビニスイーツを献上してくるので辛いです。

3.股関節のストレッチ

就寝前、手に腰を当てて足を上げ、1分間自転車漕ぎをする。
その後、股関節を中心にストレッチ。

最近太ももに隙間を作るべく、仰向けになりながら円を描くように回したり(逆回し含めて片足20回ずつ)、
両足をゆっくり開いて、開ききった所で10秒間止めたりする体操をしています(3回~5回)。

絵にするとこんな感じ。

大変分かりにくいですね。

4.お風呂で腹式呼吸

今は亡き花まるマーケットでやっていた腹式呼吸を寝る前とお風呂で10回ぐらいやる。
腹餅と化したお腹に手をあて、鼻で思いっきり吸って口から細々とお腹が硬くなるのを感じるまで息を吐きます。
寝る前は仰向けで、お風呂では背筋と足を伸ばして。

5.自分を罵る

デブに関する二つ名を愛しい人(私の場合夫)につけてもらう(みかんデブ、リンゴデブなど)。またはTwitter上の名前を腹餅などの名前に変更し、自分がデブであることを大いに認識する。
Twitterから来る通知メールに毎回記述されるので、胸がズキュンとなります。
腹餅 さまんさ(おもちーず)さん 新しくフォローされました』の破壊力はスゴい。

自分の腹餅を鏡の前で見るのも効果的です。

6.毎日快便

この間、下痢でもないのに大量に出たら体重が1kgも減ったんです(現在もなんとなく維持できてる)。
いったい何がどれだけ貯まっていたのか…。
出すもの出すのが一番重要だなと思いました。

最近は飽きちゃって使ってないですが、便情報を楽しく管理できるウンログというアプリもあります。


最近3の股関節のストレッチをさぼり気味ですが、太ももに隙間を作るべく頑張りたいと思います。
カロリー計算は1か月ぐらい続けると、どれぐらい食べると多いのかが分かるので一度やってみるとよいと思います。