読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日一番おいしかったもの

クックパッドを使った料理、映画やゲームの感想などをアップします。

絶対絶望少女 クリア後感想

ゲーム クリア後感想

PS Plusの1週間無料コードを手に入れたので、頑張ってクリアしました。
アニメのダンガンロンパ3にガッカリしたとはいえ、ちょっと気になっていた作品なのです。

ダンガンロンパV3発売日に絶対絶望少女をクリアする私


話は変わりますが、PS Plus期間中にサイバーダンガンロンパVRも遊んでみました。
一切喋らない霧切さんが、定期的にこっちを見てくれて良かったです(超かわゆかった)。
モノクマも大山のぶ代さんボイスだったので超嬉しかった(昔の体験版から流用したのかな?)。
サイバーダンガンロンパVR 学級裁判


話を絶対絶望少女に戻します。

ソフト情報

2014年9月25日に発売されたPSVita専用ソフト。
ダンガンロンパ1と2の間を描く外伝的なガンアクションアドベンチャー
2016年12月7日から2017年1月10日の間、PS Plusにて無料配信(現在は無料配布されてない)。

クリア時データ

私のようなアクション下手な人でも、ジェノサイダーモードだと寄り道7割程度で20時間以内でクリアできます。
1日4時間弱。5日間でクリアできました。
めっちゃ疲れた。

一番簡単なジェノサイダーモードでもこの成績っぷりです。

色々な白夜様が見られて幸せです

1行でまとめるあらすじ

1年以上監禁されていた苗木誠の妹こまるが、白夜様からもらった銃で腐川冬子と塔和シティから脱出を試みるゲーム。

どんなゲーム?

襲い掛かってくる色々なモノクマを銃で倒したり、子ども達の謎解きに付き合ったり、腐川さんとイチャイチャしたりしながら絶望感たっぷりの町をさまようゲームです。
モノクマ版バイオハザードみたいな感じ。
ダンガンロンパ1をクリアしている前提で話は進んでいきます。

とある理由で子ども達が大人を残虐に殺している世界観なので、その辺に死体が転がっています。
シルエットで血もピンク色なのでグロさは抑えられていますが、あまり気持ちのいい状態ではありません。
敵側が子どもなのですが、子ども達が絶望側に走った理由が胸糞なので、正直爽快感はありません。
端的にいうと、こまると腐川さんのイチャイチャ以外は辛かったゲームです(個人の感想です)。


以下はネタバレを含むので続きを読むでたたみます。


全体感想

良かったところ

・こまると腐川さんのイチャイチャ
・腐川さんの妄想上の白夜様
・希望の戦士やモナカのことが分かってアニメの補完ができた

良いような悪いようなところ

パズルゲーム要素のモノックマンはユックリやれるので良かったが、ヒントを出しすぎだったり、微妙なタイミングが判定されなかったり、ゲームのテンポが悪くなるほど挿入されたりするところ
・最初は怖かったモノクマが、後半雑魚感たっぷりになってしまったところ

悪かったところ

・子ども達の虐待内容が胸糞
 ゲームしているのに現実が混ざってきて辛い。子持ちだからそう思うのか。
・演出がコッテリとしつこい
 チャプター4のシロクマを打ち抜くところがしつこい
 最後の『壊す壊さない』の選択回数がしつこい(壊さないって言ってんだろうがーーー!!)
・希望と絶望はもうお腹いっぱい 


結局、自前では1円も払わずダンガンロンパ関係のゲームを済ませてしまった私。
V3は……遊ばないだろうな。
アニメ、絶女で心が大分折られました。
もう年をとってしまったんじゃ……