読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日一番おいしかったもの

クックパッドを使った料理、映画やゲームの感想などをアップします。

『ちょうつがい きいきい』 が怖い

1つ前の記事で、アナログで本の感想をと言ったにもかかわらず、早速絵本の感想をネットに書く手のひらクルー記事です。


怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい

怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい

怪談えほんの第5弾『ちょうつがい きいきい』を小学生高学年の読み聞かせ用に、図書館から借りてきました。
夏休み前にちょっと怖い話をと思い……

試しに自分の子どもに読んでみました。

結果、一人でトイレに行けなくなりました。
失敗。

本番で読まなくてよかったです。
クラスの保護者から非難ゴーゴーになるところでした。

楳図かずお風な絵なんですけど、それよりもオドロオドロしく、「キイキイ」と随所に入っているのが子どもの怖いポイントだと思います。
あと、男の子がお化けを見るたびに徐々に壊れていくのも気味が悪い。
読み終わった後、頭の中で「キイキイ」と言う音が鳴り響けば、この絵本としては成功かと思います。


ちなみに、ラストが曖昧です。
↓作者の対談を見る限り、事故にあったのは間違いないようです。三輪車の女の子の髪飾りがポトリと落ちていたり、葬式帰りの親子とかいたりで意味深です。うむむ、怖い。
怪談えほん |『ちょうつがい きいきい』加門七海 軽部武宏 東 雅夫