読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日一番おいしかったもの

クックパッドを使った料理、映画やゲームの感想などをアップします。

たまこ メルキドに光を取り戻す

メルキド編が終わり、メルキドに光を取り戻すことができました。

ばくだんいわに苦戦した。ゴーレム戦で爆発に巻き込まれて死亡など、色々ありました。

以下、たまこの日記風味な感想でつづります。
感想はネタバレを含むので、続きを読むで畳みます。

第1章 メルキド編 (復興着手から21日目~125日目)

ビルディング作業と戦いに明け暮れる私のために、住民たちがバスタブを作ってくれたので早速お風呂に入った。

私があられもない姿になっただけで、HPもお腹も膨らまなかった。
住民(特に女子)が入ってくれるのを期待しよう。

住民の言うことを聞いてたらどんどん要塞化していくメルキド

住民たちも好戦派と穏便派に分かれていて、なんとなくギスギスしている気がする。
そんな時に現れたもう一人の女チェリコ

自称空気が読める女は、私とピリコの関係についてガツガツ聞いてくるのだった。

いや、ピリコはロロンドとも一緒に寝るような女なのだよ(涙)

緑の旅のとびらの先にばくだんいわがいた。
ちょっとつついたらメガンテしてきてビックリした。

恐ろしい破壊力

小さな穴に落としてもメガンテに巻き込まれるだけなので、メガンテで空いた穴に落として、トゲワナでじわじわ倒すことにした。

ピキンって発見されるとメガンテされるので、ちょっと離れた位置から見守る私

あとで考えたけど、ウォーハンマーでボコボコに殴れば良かったのかもしれない。
でもビビりなのでトゲワナ作戦で。

ゴーレムを倒す爆弾を作るには、ばくだんいわを3体は倒さないといけない。
慎重派の私はさらに3体倒した。
しんどい作業だった。

ゴーレムとの決戦が近づいてきた頃、ピリコが薬草を5個持ってきてくれと言ってきた。
ピリコも色々心配なんだなと思って快く渡したら、2個プラスされて戻ってきた。
私のことを思ってのことだったらしい。

ピリコ~~

1つのメルキドシールドでなんとかゴーレムに勝利した私。
その後の宴会でピリコがメシマズだと知る。

大丈夫。食事は私に任せろ。

ゴーレムにボロボロにされたメルキドを直し、光の柱へ向かうとルビスから次の指令が。

慣れ親しんだメルキドに別れを告げ、別の地へ旅立つことになった。
寂しくなるのでピリコに別れを告げずにメルキドを出たら、ロロンドおじさんが見送りに来た。
おじさんは泣いてた。
私もちょっと泣いた。
その時の私は、次の土地が想像以上に大変だって知るよしもなかった。


メルキドガーデンって なに?