今日一番おいしかったもの

クックパッドを使った料理、映画やゲームの感想などをアップします。

MX4Dメイドインアビス 深き魂の黎明 感想 

メイドインアビス 深き魂の黎明を観てきました。MX4Dで。


左はMX4Dの入場者特典。右は通常版を観たときに買ったパンフレット。

通常版を観たので映画自体は二回目。MX4Dは人生初。

原作を読んで内容を知っていても素晴らしく良かった映画が、未知のMX4Dでどうなるのか。
期待と緊張でドキドキでした。

思ったより揺れるシート。
突然くる水、風、匂い。
普通に観ただけでも凄かったアクションシーンと共に動く座席。
+1000円払う価値があるなと思いました。
ただし、心理的上昇負荷が凄い。
見終わった後はフワフワしてるけど、時間が経つとなんだか体と心がズシンとくるんですよ。
二回目なんだけど、時間経つたびに体が重い…
プルシュカぁ…



以下、映画の内容及びMX4Dの仕掛けについて言及するので、ネタバレ注意。




編入る前の慣らし運転(ドルビーのあちこちで音が鳴るみたいの)の動きにビックリ。
あれ?これ思っていていたより動くぞ。
前の人とは別の方向に動いてる??

最初にオオッと思ったのは、トコシエ草の花畑のシーン。
なんかくさい。渋めのアロマみたいな匂いがする。
一緒に見に行った人と思わず顔を見合わせました。

虫汁で水ピシャリ&足元モゾモゾ。

水のシーンでは容赦なく顔に水をピシャリ。
ぬらした手を開いて水を飛ばされたときのような感触。

雪のシーンはなんだかほんのり寒いような気持ちに(4DXだったら雪が降ってくるのかしら?)。

ボ卿の登場シーンはシートからくる重低音と揺れで迫力倍増。
ナナチの表情への共感度MAX!
ボ卿怖いよ、恐ろしいよ…

リコの階段シーン。
ふわりふわりと酔った時のような動きの後にホッペへの突風。
突風はそれだけだと単調な感じがするけど、何かの動きと合わせる時は良い感じ。
最初のふわりふわりとした感触が凄く良かった。これが上昇負荷の始まりって感じがして。

レグ痛痛シーン。
痛痛しさ倍増。背中の振動が怖い。

プルシュカに見送られるシーンでまたも切なくなる。
一回目観た時は、これが最後の会話だっけ?と思いながら見てた。

ボ卿&アンブラハンズ戦。
突風と動きで戦闘の凄さが表現されているのに、ボ卿がしれっと出てくるので強キャラ感が増す。
その後、雪煙のモクモクがスモークで表現されてて凄いと思ったけど、
スクリーン左側に流れていって画面に集中できなかったので、ここは微妙。

白レグ&岩登り戦闘
ヌルヌル動くレグと共に座席も縦横無尽に動く。突風も水しぶきも忘れない。
フラッシュも使い、最大のアクションシーンでこれでもかこれでもかと動かす。
没入感が凄い。

逆にプルシュカの回想シーンは静か。
凄く静か。
そのせいなのか、二回目なのになんやかんやでボ卿と家族やってるプルシュカ見て、結局涙が出る。

あふれるプルシュカと水しぶき。

エンディングでもう一回香るトコシエ草の匂い。

あのエンディング、リコ達と六層に落ちてる気がしてふわーっとしてしまう。
音楽も耳に残って見終わった後もフワフワしてしまう。
白と黒で表現されたエンディングはとても儚く美しいので、ぜひ皆に見てもらいたい。
歌声も悲鳴と希望と祈りが入り交じったような不思議な感触。
後頭部がずっとゾワゾワする。

そして体がなんだか重くてだるくなる…


二回目観たら気づいたのだけど、ボ卿は2000年に一度どんなことが起きるのか知っているかのような口ぶり。
地上とアビスに何が起きるのか。
最終的にこの物語はどこに行き着くのか。

最後まで見守りたいので、作者さんには体調を整えて最後まで書き切って欲しいと思います。

今季のインフルエンザ

あけましておめでとうございます。
今年も月1更新になりそうなこのブログ。
アナ雪2やスターウォーズの感想も書きたい。ただ気力が湧かない。

年末年始はどうだったかというと、
私は去年のクリスマスにインフルエンザA型にかかり、今は子どもが同じくA型に。

今季のインフルエンザA型は熱が高く、私は39℃。子どもは40℃まで上がりました。
完全に熱が落ち着くまで大体3日かかり、辛かったです。
しかも喉がやたら痛い。
ご飯を食べないでアクエリアスばっかり飲んでいるせいか下痢っぽくなり辛い。
体内の水分バランスが崩れていたのかもしれません。
熱が下がっても私は体中が痛くて夜寝返りうつのが辛かったです。

何にもしないクリスマスも初めてだったので何とも悲しい。
年末の仕事も休んでしまい申し訳ない。
来季は忙しくても必ず予防接種を受けようと思いました。

今年もよろしくお願いします。

十三機兵防衛圏ネタバレあり感想

十三機兵防衛圏 - PS4

十三機兵防衛圏 - PS4

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: Video Game

ネタバレなしの感想はこちら↓

各キャラクター紹介は公式ページをご参照。
13sar.jp

主要キャラの追想編の感想を書きます。
以下ネタバレあり

  • 鞍部十郎
  • 冬坂五百里
  • 網口愁
  • 薬師寺
  • 比治山隆俊
  • 鷹宮由貴
  • 関ヶ原
  • 南奈津乃
  • 三浦慶太郎
  • 如月兎美
  • 緒方稔二
  • 東雲諒子
  • 郷登蓮也
続きを読む

十三機兵防衛圏クリア感想(ネタバレなし)

十三機兵防衛圏 - PS4

十三機兵防衛圏 - PS4

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: Video Game

ロボットに青春群像劇、タイムスリップ要素もあり。
戦闘がガンパレっぽいゲームがあるらしいということで、体験版を遊んだら面白い!
久しぶりに発売日に買って今日クリアしました。

アドベンチャーモードの『追想編』とシミュレーションゲームで最終防衛戦を体験できる『崩壊編』、イベントシーンのリプレイとキーワードを集める『究明編』の3つに分かれており、クリア時の究明編は81%でした(それ以外は100%)。
プレイ時間は約40時間ぐらい。

体験版は13人いる主人公数人のプロローグまでと、シミュレーションゲーム部分のチュートリアルが遊べます。
気になる人は是非体験版を遊んでほしいです。面白いと少しでも思ったらネタバレを読む前に購入すべし。

色んな要素てんこ盛りのデカいパフェを食べてる気分が味わえるゲームです。
ファーストインパクトはなんだこれ。食べれば食べるほど色んな要素と色んな味・触感。
なにこれ美味しい、新しい、ビックリ。
最後の方はコーンフレークと謎のソースって感じがするのがちょっと残念要素ですが、最後は世界の謎の最終確認になってしまうので仕方ないのかなと。
謎の最終確認担当のキャラクターは扱いが不遇かなという気もちょっとします。

てんこ盛り要素としてはこんな感じ

色々なSF、宇宙ものの映画や物語が好きだとよりはまれると思います。
体験版を終えた時点では、焼きそばパン好きのあのキャラがお気に入りです。
一番気になっていた柴君には、柴君??柴君↓↓柴君!!と気持ちが乱高下しました。
お前は過去から来たんじゃないんかい!!ってなったり、同じシーンでも他の主人公から見た時の違いにゾッとしたり海外ドラマを見ているような気持ちになります。
とにかく追想編の中盤辺りが最高に面白かったです。
ただでさえ複雑な物語を不整合なくザッピングして見せる構成にするのは大変だっただろうなと感心しました。
アニメでやればいいじゃないと思うかもしれないけれど、自分で体験するから面白いタイプのゲームじゃないかなと思います。
最終的に行き着く結果は同じだけど、話をすすめる主人公の順番が人によって違うので、途中の印象が変わってくると思うんですよね。こういう体験ができるのはゲームならではだと思います。

製作者の苦労は下でまとめられているので興味のある人は読んでみるとよいと思います。


各キャラクターの感想はネタバレありで書きます。

牛バラと大根のオイスター煮 作りました

久しぶりに新しいメニューに挑戦。
簡単楽チンで美味しかった。





ニンニク醤油はなかったので、チューブニンニクと醤油を入れた。

/* ページ上部へ戻るCSS */ .pagetop a{ background-color:#008080; color:#ffffff!important; } .pagetop a:hover{ background-color:#008080; }