今日一番おいしかったもの

クックパッドを使った料理、映画やゲームの感想などをアップします。

エンドオブエタニティ プレイ日記3 チャプター5

急にサブミッションが増えてすごく時間がかかったチャプター5。
当初目標の廉価版発売前(8/29)にクリアするのは無理なんじゃないかと思い始めました。

以下ネタバレ含む感想

チャプター5 変わりゆくもの

■プレイ時間:23:55
■終了レベル:
 ヴァシュロン Lv29(11+11+7)
 ゼファー Lv31(14+12+5)
 リーンベル Lv30(12+13+5)

サブミッション

新たなる創作

ガリジャーノンから神像の写真を3枚撮ってきてほしいと頼まれる。

ジャンポーレ邸、ルキアのダウンタウン最奥、クランク神学校にありました。
神学校にはヴァシュロンで入ったら「気が進まないが仕事だから仕方ない」と言ってました。
いつもより神妙な台詞なのは、タイトル画面での事件が原因ですかね。

お店に服が増えるわよ

ブティックの店長からマネキン作るから、人形の頭、胴、足、腕を五体分持ってきてと言われる。

前回お金のために全て売り払っていたので、頭がゼロ。
彫刻の森のブロンズ・フォレスト2番目のエリアのミスター・チェーンソーを狩りまくりました。
頭がなかなか出なくて何体も倒したので、もう人形はコリゴリです。

魂の看板

ダウンタウン近くのフォーセイクンにいるお店屋の看板が奪われたので、メカメカしいものから取り返してと言われる。

何も考えずにに突入していったら、SHOPの看板を頭に可愛くつけたメカメカしい敵が、レベル55!!
1回目全滅しましたが、マシンガンで削って、グレネード弾投げたらなんとかなりました。
脇が甘いのでそこから本体を攻撃してやればよいですね。

I.S.ベセルが無くなったら回りの雑魚敵を倒して、爆発で看板キャリアを巻き込んだりしてたと思います(戦況がグチャグチャで謎)。

近くに寄られると1撃で1500ぐらいスクラッチダメージを食らうので離れて闘うのが吉。

ついでがあったら

4階層エレベーター前にいる郵便屋さんの手紙を1階層の大聖堂まで運ぶ

1階層にあがったすぐ近くにI.S.ベセルの欠片があったので、5階層の強敵を撃破してI.S.ベセルが全部で5になりました。
大聖堂は荘厳な音楽が流れておりラスボスいる感じ。
でも中には入れません。

ストーリーミッション

キノコ頭肥満ペーター君がまたもアジト前に。
ヴァシュロンで話しかけたらゼファーの名前を出しつつ消えていく。
街の人に話を聞くとゼファー狙いのようですね。
リーンベル狙いじゃない!?なんてこった!!

依頼主のバーバレラのもとへ行くと、ヴァシュロンの変なおじさん踊りが炸裂(このイベントは結構有名みたいですね。[「エンドオブエタニティ 俺のビッグマグナム」で探すと踊りが見られます)
この人もイケメンなのに本当にもったいない。

冷蔵庫はチャプター4に比べたらそんなに難しくなかった。
ボスには1度全滅させられましたが、お金を使って復活。
最初は少しずつ距離を詰めて、チンベルちゃんでバーン弾EXで本体を青く、ゼファーで火炎瓶SSを投げて燃やし、ヴァシュロンのハンドガンでやっつけました。
一気に3,000ダメージ与えたので、トロフィーの『ビッグ・ショット』を貰いました。
このトロフィーは集めると何の役に立つのか全く謎です(箱の実績も然り)。

帰りは、ヴァシュロンとチンベルちゃんの二人になるのでさっさとエスケープして、お酒を届けて終了です。
チンベルちゃんがなぜ泣いたのか分かりません。
ゼファーと話していたキノコ頭肥満ペーター君がなかなかいい声だなと思ったら、檜山修之でした。
私の中で幽遊白書の飛影な人です。

次のチャプターへ